結婚指輪のきっかけ 男性でジュエリーに疎い人は、プロポーズの前に知っておきたい結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪を理解しよう

男性に特に多いのですが、結婚すると決めたら指輪が要るらしいくらいで、ぼんやりとしか結婚指輪に関して認識がないケースがあります。

なんだか高価な指輪を用意しないといけないらしいとか、指輪なんか要らないだろうという風に話しているのを聞くこともありますよね。

女性の指輪は要らない発言は、本心ではないというのも良く聞きます。

おめでたいシーンですから、気に入った指輪を2人で選ぶのが鉄板。

最初が肝心です。

男性の場合、女性にプロポーズして受け入れられたら、エンゲージリングとして婚約指輪を贈ります。

贈る場合は、結婚指輪よりも高価なものを贈るケースが多いです。

バンドに宝石がついたタイプが多く、プラチナにダイヤの組みあわせが人気ですがこの限りではありません。

高価なリングですから、日常使いをしない人も多いですが、友人や会社関係、親戚などの結婚式へ出る時、子どもの入学や卒業のセレモニーなど、晴れの場に出る時には、身に着けるという女性が多いです。

一方結婚指輪は、男性から女性へ、女性から男性へと結婚式のセレモニーの一環として交換します。

結婚後は結婚指輪をつけて日常生活を過ごします。

デザインはシンプルなバンドスタイルが主流ですが、シンプルな中にもこだわりのあるデザインを選ぶのが流行になっています。

男女の結婚指輪はペアになっていることが多く、宝石はあるタイプもあれば、ないタイプもあります。

女性の結婚指輪は、婚約指輪と併せて重ね着けができるようにデザインされたものなどもあり、人気になっています。

※結婚指輪お役立ち関連サイト(URL:http://www.aorticvalvereplacement.net/